△TOPへ



・ご挨拶
・ご挨拶(橘 青洲)
・私たちの宗教的位置付け
■Oriental Wicca紹介
 ・Oriental Wiccaについて
 ・信条
 ・魔女について
 ・魔女と神性
 ・魔女の祝祭
 ・魔法について
 ・占いについて
 
■司祭長 橘青洲紹介
 ・橘青洲略歴
 ・橘青洲
   オフィシャルサイト
 
 ・魔女の本棚
 
■祈りの世界
 ・はじめに
 ・第1信
 ・第2信
 
■詩篇
 ・日々の祈り1
 ・日々の祈り2
 ・日々の祈り3
 ・大いなる叡智
 
 ・リンク
 ・掲示板
 ・お問い合わせ


 

 

 

 

■魔女について

 ここでは、私たちがいう魔女についてをお話します。
 私たちがいう魔女はWicca、(Witch)craft、Oriental Wiccaの信仰を持つ者、という意味だと解釈してください。

 もちろん、おとぎ話の魔女やキリスト教の概念の中にある魔女など、およそ「魔女と称される者」は世の中に数多くあります。しかし、そのすべてについて説明をすることはここでの趣旨から離れてしまいますし、まったく違った概念の説明(キリスト教について、歴史学的な話、文学的な話)になってしまうのでここでは扱いません。

 さて、魔女といっても女性ばかりではありません。キリスト教が「魔女=醜い老女」というイメージを意図的に定着させ、明治時代に日本に英語が入ってきたときに、「witch」という単語を、その説明を元に「魔女」と訳してしまったために女性ばかりというイメージが定着してしまっただけなのです。実際には男性の魔女は多く存在しています。

 

☆Wicca☆

 実際に活動している魔女という意味ではほとんどがWiccaです。「Wicca」と言う言葉は「叡智の術」あるいは「叡智の技術」と言う意味の古いアングロサクソン語です。もっとも近年では「古き神々」を崇拝し、自然と共に生きる信仰の名前として使われます。そして、それを実践している人のことを「Wiccan」と呼びます。

 魔女というと、ほうきに乗った魔女とか、魔法使いのおばあさんというイメージが一般的です。しかし、これはあくまでも想像上の魔女で、私たちのような本当(実在する、という意味です)の魔女は確かに魔法を使いますが、魔法自体を第1の目的とは考えていません。

 また、Wiccaは「魔女」とも呼ばれることから、悪魔主義者とよく誤解されますが、私たちは悪魔を崇拝したりはしません。悪魔はキリスト教が、「魔女狩り」をするために発明したものです。彼(あるいは「それ」)は新約聖書より前の文学には存在しませんでした(悪魔というものを発明し、それにしたがっている人たち、という妄想を事実のように広め、それを理由にキリスト教会が何の罪もないたくさんの人たちを拷問し、生きたままの火あぶりなどのような虐殺を何百年にもわたってしたのが「魔女狩り」です)。

 英国(イングランド)で、1951年に「ウイッチクラフト禁止令」が廃止されたのを契機に、ジェラルド・ガードナーが著述などを通して、「自分が魔女であること」そして、「魔女が悪魔崇拝者や古びた呪術を行う老婆などではなく、古き宗教の現代の実践者」であることを発表しました。そして、魔女が魔女狩りの時代を通り抜けた今、絶滅の危機に瀕していることを訴えました。こうしたガードナーの呼びかけに各地で細々と、地下に潜る形で存続していた魔女たちが応え、復興のきっかけとなったのです。

 ガードナーは長い迫害の歴史の中で魔女の教えが断片的にしか残っておらず、これでは体系だてたものにならないと考え、儀式魔術などの儀式を引用して付け加えたり、新たに色々なものを考案して付け足したりしてWiccaを形作りました。

 やがてWiccaはさまざまな流派を生み出し、大きな宗教的ムーブメントに成長しました。その中にはガードナーの流れを組む伝統的な流派、お手軽なニューエイジ風のもの、本来のWiccaとはかなり違う上に商業として、あるいはサービス業として機能しているニューエイジWiccaなどが無数に生まれています。

 しかしながら、内実はどうであれ、Wiccaというものは日本ではあまり知られていないか、怪しげな「オカルトもの」と一緒にされてしまったりしますが、欧米では、仏教、キリスト教、イスラームなどと同じような正当な宗教として認められています。

☆Witchcraft☆

 Witchcraftは、その言葉の中に「宗教」と「術」という2つの側面を持っています。英国のマーガレット・A・マリー博士が1921年にその著書の中で「宗教的WITCHCRAFT」と「効能的WITCHCRAFT」と分類した側面です。「術の側面のWitchcraft」とここでは特に言及しません。ここでは「宗教的Witchcraft」について簡単にお話しようと思います。

 Witchcraftはモヘンジョダロやラスコー洞窟の壁画などの、旧石器時代の狩猟の神と豊饒の女神の崇拝に起源を求めることができる自然崇拝の宗教です。

 こうした自然崇拝の生活に密着した信仰が、時代と共に洗練され、それに伴って神性の概念も洗練されてきました。ですからWitchcraftが自然崇拝の信仰とはいっても、自然そのものを崇拝するというわけではなく、宇宙や自然の力を崇敬し、その中に、あるいは背後に隠れた神と女神に対しての信仰心を持つのです。この点が一番誤解されやすいところでしょう。

 また、Wiccaのところでガードナーは「長い迫害の歴史の中で魔女の教えが断片的にしか残っていない」と思っていた事をかきましたが、それはガードナーが知りえなかった、というだけで、実際には断片的なものではなく完全なものがひそかに伝承されています。Oriental Wiccaもそうですが、そうした伝統的Witchcraftの継承者は、自身の流派が伝統的Witchcraftであることを必要以上に強調する事はせず、Wiccaの一流派として表向きを整えている場合が多いようです。


 以上、とても簡単にWiccaとWitchcraftの説明をしました。とてもこのくらいの説明で理解されるものだとは思えませんが、このサイトでお話を色々させていただくの当たって最低限、というつもりで書きました。



☆現代に生きる魔女の知恵☆

 知られていないだけで私たち魔女の知識や技術は日に日に一般化してきています。例えば「エコロジー」「環境問題への取り組み」などの考え方、「ハーブ」「アロマテラピー」「パワーストーン」について等があげられます。これらはいづれも私たち魔女たちが紀元前の昔から伝え受け継いできたものの一部分であり、それが現代社会にあわせられたものなのです。

 

 

© Oriental Wicca Web All right reserved.