△TOPへ



・ご挨拶
・ご挨拶(橘 青洲)
・私たちの宗教的位置付け
■Oriental Wicca紹介
 ・Oriental Wiccaについて
 ・信条
 ・魔女について
 ・魔女と神性
 ・魔女の祝祭
 ・魔法について
 ・占いについて
 
■司祭長 橘青洲紹介
 ・橘青洲略歴
 ・橘青洲
   オフィシャルサイト
 
 ・魔女の本棚
 
■祈りの世界
 ・はじめに
 ・第1信
 ・第2信
 
■詩篇
 ・日々の祈り1
 ・日々の祈り2
 ・日々の祈り3
 ・大いなる叡智
 
 ・リンク
 ・掲示板
 ・お問い合わせ


 

 

■占いについて

占いとは何か?

 占いとは、一言で言えば「先のことを事前に知る」つまり、「予知」をさらに正確なものにする技術です。
 ただ、この技術が他の技術とまったく別次元であることは誰でもが納得するものでしょう。なぜなら、「未来を事前に知る」ということは、通常人間には不可能なことだからです。
 この「予知」の技術を「占い」と呼び、「占い」は「予知魔術」と呼ばれる魔法の一つだといえるのです。
 

占いの種類

 「占い」にはご存知の通り様々な種類があります。 タロット、占星術、易(イーチン)、水晶球、振り子占い(ペンジュラム)、珍しいところではダイス占い、紅茶占い等というのもあります。
 「占い」は同じ目的でも「なにを知りたいのか」で方法がちがうので、TPOに応じた使い分けが必要です。占い師の中には、こうした事情を知らず、何でも自分の得意な方法だけで片付けようとする方が、残念ながら多いようです。
  「魚座の時代」から「水瓶座の時代」 へと時代が移り変わり、「東洋系の占い」と「西洋系の占い」のパワーが逆転してきています。元来、東洋系と西洋系は100年サイクルで交互にパワフルになるようになっています。
 

魔女にとっての「占い」の意味

 先づ、始めにお断りしておきたいのは、「占い」というものは「当たるかはずれるか」ということは基本的にどうでもよいことである、ということです。なぜなら、「占い」という技術は「当たるようにできている」わけですから、当たらない方が不思議なのです。

 一般的な事柄で考えた場合、「占い」で大切なことは、「当てる」ことよりも「いかにはずすか」という点なのです。 つまり、悪い結果が出た時に、それをどう避けるか?どのようにして、「災い転じて...」とするかが大切なのです。

 また、魔法などで問題の解決を行っている時はもう少し意味が変わってきます。
 つまり、「今とっている手段が妥当かどうか、手段を講じたことによって変化した状況を更にうまく活用できないか」を「調べる」という要素が強くなってくるのです。たとえて言えば、魔法が投薬や手術のようなものだとしたら、この場合の占いは「検査」に近い性格を持っているのです。

© Oriental Wicca Web All right reserved.